• 若生植木農園とは?
  • 園内のご案内
  • 農園百景
  • 農園日記
  • 木々との暮らし
  • 交通アクセス

植木販売HOME > 農園日記

農園日記

全 774 件(全155ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

2017/9/8

東尋坊に 立ち寄りました


先日、社員研修で 福井県方面に行き、

2日目、東尋坊に立ち寄りました。

とりあえず、岩場の先の方へ行ってみます。

夏の 観光シーズンなので 明るい雰囲気ですが、

冬は 寂しく険しい感じの場所にイメージが変わります。
足元を 見下ろすと 観光船が 船着場に入ってきました。

スーーと 真っ直ぐ進入してきて 後進で出て行きます。

海中は 岩があちこちに見えています。

この狭いところに出入りするの? さすがだな!

皆で 感心しながら 見ておりました。

2017/8/20

真夏の日曜日

真夏の日曜日、社長の仕事は?

クーラーの効いた部屋で 高校野球観戦?

などということは ありません。

私の今日の仕事は・・・

朝一番に事務所へ行き、植木を積んだトラックを 

午後から日陰になる事務所横に ギリギリまで幅寄せして移動します。

そして、日除けの為の カンレイシャや ヨシズを 

風通しが 良い程度に ふわりとかけます。


ロープや ゴムバンドで止めて ピッチリとかけては いけません。

昼間の高温で 蒸れて 葉が黒く焼けてしまいます。
そして 夕方になると、西日の当たらない日陰になっていますので

カンレイシャ や ヨシズ を 取り外します。

あくる日まで かけたままで かまわないのではと 思われましたか。

いえいえ、夜 気温が下がると、空気中の水分が放出され

夜露となりますので、夜露の湿りをもらえるようにするのです。

月曜日の朝には 土曜日の夕方と 変わらない木々達が

スタッフが来るのを 待っています。

さあ、爽やかな顔で 行ってらっしゃい。

2017/8/2

暑中お見舞い申し上げます

弊社では毎年、約250通から 300通程度の

暑中見舞いの はがきを出します。

写真を加工したはがきで  手書きの御挨拶を書き込めませんので

送り先の お名前、住所だけは手書きします。

この方にお世話になったという御縁を忘れないように・・・

でも、暑中見舞いを出される方は 本当に少なくなりました。

昔は 夕立やアサガオの花に 涼を感じ取ろうとする気持ちがありましたが、

最近の夏は とにかく 暑くて暑くて 暑中見舞いどころではないようです。

弊社が 250枚出して、毎年 弊社に届く暑中見舞いは 10枚位です。

私共のことを 忘れないでくださって、ありがとうございます。

このはがきは 神棚に上げて (などということは ありませんが)


ありがとうございます・・・   これからも宜しくお願い申し上げます。



2017/7/16

家族の.絆 巡り行く日々

私事ですが、まもなく 次女に子供が生まれます。

私の 二人目の孫です。

こないだまで、赤ん坊だと思っていたのに・・・

こないだまで、学生だと思っていたのに・・・

いつのまにか 結婚して・・・

いつのまにか・・・・・

これが 人生の持ち回りというものか・・・

続きは 雑記帳を ご覧ください。

2017/5/28

「置かれた場所で咲きなさい」

「置かれた場所で咲きなさい」

私の好きな言葉です。

「置かれた場所で 咲くも咲かないも、

 どのように咲くのかも、自分次第」

誰もが通り、誰もが感じる道。

教えてくれないから、出来ません・・・

環境が整っていないから、出来ません・・・・

巡り合わせが悪くて、出来ません・・・・・

自分のせいではありません・・・・・・・・・・

私も 何度もこの道を通りました。

でも それなりの年齢になると この言葉が耳に響くのです。

「置かれた場所で咲きなさい」・・・


「  」 内の言葉は  

 株式会社幻冬舎 発行    著者  渡辺和子 様の図書

「置かれた場所で咲きなさい」 「面倒だから、しよう」 より

引用致しました。







全 774 件(全155ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

農園日記へ