• 若生植木農園とは?
  • 園内のご案内
  • 農園の仕事
  • 農園百景
  • 農園日記
  • 木々との暮らし
  • 交通アクセス

植木販売HOME > 農園日記

農園日記

全 787 件(全158ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

2017/8/2

暑中お見舞い申し上げます

弊社では毎年、約250通から 300通程度の

暑中見舞いの はがきを出します。

写真を加工したはがきで  手書きの御挨拶を書き込めませんので

送り先の お名前、住所だけは手書きします。

この方にお世話になったという御縁を忘れないように・・・

でも、暑中見舞いを出される方は 本当に少なくなりました。

昔は 夕立やアサガオの花に 涼を感じ取ろうとする気持ちがありましたが、

最近の夏は とにかく 暑くて暑くて 暑中見舞いどころではないようです。

弊社が 250枚出して、毎年 弊社に届く暑中見舞いは 10枚位です。

私共のことを 忘れないでくださって、ありがとうございます。

このはがきは 神棚に上げて (などということは ありませんが)


ありがとうございます・・・   これからも宜しくお願い申し上げます。



2017/7/16

家族の.絆 巡り行く日々

私事ですが、まもなく 次女に子供が生まれます。

私の 二人目の孫です。

こないだまで、赤ん坊だと思っていたのに・・・

こないだまで、学生だと思っていたのに・・・

いつのまにか 結婚して・・・

いつのまにか・・・・・

これが 人生の持ち回りというものか・・・

続きは 雑記帳を ご覧ください。

2017/5/28

「置かれた場所で咲きなさい」

「置かれた場所で咲きなさい」

私の好きな言葉です。

「置かれた場所で 咲くも咲かないも、

 どのように咲くのかも、自分次第」

誰もが通り、誰もが感じる道。

教えてくれないから、出来ません・・・

環境が整っていないから、出来ません・・・・

巡り合わせが悪くて、出来ません・・・・・

自分のせいではありません・・・・・・・・・・

私も 何度もこの道を通りました。

でも それなりの年齢になると この言葉が耳に響くのです。

「置かれた場所で咲きなさい」・・・


「  」 内の言葉は  

 株式会社幻冬舎 発行    著者  渡辺和子 様の図書

「置かれた場所で咲きなさい」 「面倒だから、しよう」 より

引用致しました。







2017/5/4

渓流の音を聞きながら

今日は 宝塚 廃線敷遊歩道に行ってきました。

ゴールデンウイークも後半、行楽地は 人の波だろうし

道路は 渋滞で動かないだろうし・・・

どこへ行こうかと 悩んでいると 思いついたのが 宝塚の JR廃線敷。

昨年、整備され 

自己責任で散策できる遊歩道として整備されているとのこと。



何もない歩道のように見えて、平坦なようで でこぼこしています。

その昔、国鉄の蒸気機関車が ここを走っていましたので

その時の 枕木が そのまま埋まっているからです。



赤錆た鉄橋を渡り、

渓流の涼しげな音を聴きながら歩くのも楽しいです。

トンネルです。

中は もちろん電灯は無く、真っ暗です。

懐中電灯は必需品です。

足元を照らすというよりは、向こうから来る人とぶつからないように

ここに人がいますと 知らせるためです。

それでも、大人の人が持っている明りだけに気を取られていると

その横の小さな子供さんに ぶつかりそうになったりもします。

明るい所では恥ずかしいのですが、

こういうところでは 妻と手をつないで歩きます

もうすぐ 終点です。

よく歩き、足が棒のようです。

今日は 晩ご飯が 美味しいだろうなあ・・・

2017/4/16

春の目覚め百景

写真は ある樹木の新芽の目覚めです。

まるで 鳥のヒナが 口をあけて 

母鳥に 食べ物を ねだっているようにも見えます。

「お母さん、おなかすいた ピーピー」

「僕が先だよ・・・」

「僕の方が お腹すいてるよ・・・」

そんな声が 聞こえてくるようです。

木々の 四季の変化に ちょっと目を向けるだけで

トトロのような 不思議な世界は すぐそこに広がっています。



全 787 件(全158ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

農園日記へ